よっちゃんが最新のニュースに一言Top >  芸能 >  初代林家三平に銀座のホステスとの間に隠し子がいた?


初代林家三平に銀座のホステスとの間に隠し子がいた?

初代林家三平(はやしや さんぺい)さんは、

東京都台東区根岸出身で1925年11月30日に生まれの落語家で、社団法人落語協会理事じゃが、1980年9月20日に亡くなったんじゃ。

初代林家三平さんの本名は、海老名 泰一郎(えびな やすいちろう。旧名:栄三郎(えいざぶろう))じゃ。
初代林家三平さんは、旧制明治中学卒業しとり、通称は「根岸」、出囃子は「祭囃子」じゃ。


そがぁな初代林家三平に銀座のクラブ「ボニー」のNO.1ホステスじゃった“悦ちゃん”をアパートの六畳間を借りて囲っとったらしぃんじゃ。

そのホステスとの間に隠し子がいるらしぃんじゃ。


 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071226-00000007-sanspo-ent

Google

関連エントリー

よっちゃんが最新のニュースに一言Top >  芸能 >  初代林家三平に銀座のホステスとの間に隠し子がいた?

おすすめリンク